子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット

ダイトウ小児矯正デンタルクリニック

大阪市鶴見区で、地域に密着したスタイルで小児歯科に特化した治療を提供しているのが特徴のクリニックです。クリニック内はモノトーンを基調にしたスタイリッシュな空間となっており、待合室でゆったりしていると、まるでサロンにいるかのような気分にさせてくれます。待合室の一角には、マンガや絵本がたくさん揃っている子供向けのプレイスペースも用意されているので、普段は歯医者を怖がる子供たちも大喜びです。治療中はDVDを見ながら楽しく治療が受けられます。治療は小児専門を謳っていますが、治療を受けている子供の保護者も一緒に治療を受けられるようになっています。クリニックの入り口には、車いすでも来院が可能なように、車いす対応の昇降機も取り付けられています。

ダイトウ小児矯正デンタルクリニックの基本情報

住所

大阪市鶴見区放出東3-10-15

診察時間

曜日
午前(09:30~12:30) × ×
午後(14:30~19:30) × × ×

(備考)土曜日の診察時間は、第1・3・5週のみ9:30~14:30、第2・4週は9:30~12:30となります。

最寄駅

  • JR放出駅

ダイトウ小児矯正デンタルクリニックのドクター

名前 大東 希好
経歴
  • 松本歯科大学卒業
  • 大阪歯科大学大学院卒業
  • 大阪歯科大学小児歯科学講座・大阪歯科大学大学院小児歯科学講座 講師
所属学会
  • 日本小児歯科学会
資格
  • 日本小児歯科学会認定 専門医

子供の矯正治療

取り外しが可能な、簡単な装置の使用による不正咬合の矯正治療

カウンセリングでしっかり歯の状態や顎の状態をチェックし、治療方針を決めます。装置は不正咬合の種類によって様々なタイプが用意されています。もし治療前に虫歯や歯周病が見つかった場合には、虫歯や歯周病の治療をまず一番に行います。

装置は取り外しが可能なため、食事が装置に挟まったり歯磨きが上手くできなくて磨き残しが発生してしまったりといった心配はありません。成長期の顎の発達を利用した矯正治療なので、正常な咬み合わせのために削ったり抜歯したりといったことは基本的に行わない方針を取っています。

不正咬合に当てはまる代表的な症状は、受け口や出っ歯、開咬、乱ぐい歯、などがあります。いずれも顎の成長に合わせてゆっくりと歯を動かすことで、少しずつ美しい歯並びへと矯正することが可能です。治療の開始はできるだけ早い時期、顎がもっとも成長する6~9歳くらいで行うことが大切です。

不正咬合の矯正治療の費用

クリニックに直接お問い合わせください。

不正咬合の矯正治療の治療期間

クリニックに直接お問い合わせください。

ページの先頭へ