子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット
大阪で美しく健康になる子供矯正法教えます » 子供の矯正は必要? » 子供の矯正って何歳から受けられる?

子供の矯正って何歳から受けられる?

このページでは、子供に矯正治療を受けさせるのにふさわしい時期と、その理由について解説しています。

5~7歳頃が矯正治療のベストタイミング!?

「子供の矯正は何歳から受けさせた方が良いのか?」子供の歯並びを気にかける親が増えたこともあり、矯正治療の開始時期に関してこうした疑問の声を耳にすることが少なくありません。

一般的には、矯正治療の開始時期は5~7歳頃がベストタイミングだと言われています。ただし子供の顔が一人ひとり異なるように、歯や顎の成長度合いも十人十色。歯や顎の形が異なれば矯正治療の目的も方法も、そして適切な開始時期も当然違ってきますので、「5~7歳頃」というのは、あくまでもひとつの目安としてください。

成長段階に合わせた「1期治療」と「2期治療」

治療を開始するのにふさわしい時期について知るうえでは、矯正治療における2つのタイミングについて理解しておくことも有益です。もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんが、矯正治療には「1期治療(前期治療)」と「2期治療(後期治療)」というものがあります。

まず1期治療というのは、乳歯と永久歯が混在している時期から行う矯正治療のことで、年齢的には12歳くらいまでの子供が該当します。骨格が成長段階にあるなかで行うため、顎の大きさや形をコントロールしたり、かみ合わせを整えるのに適しています。

永久歯がきれいに生えそろうための土台をつくる治療とも言え、この1期治療を行うことで2期治療が不要になる、あるいは必要になったとしても軽くて済むといった特徴もあります。そうしたことから1期治療は「予防的な治療」とも言えます。

さきほど「12歳くらいまで」と述べましたが、早ければ早いほど土台づくりにはふさわしく、永久歯に生え変わり始める5~7歳頃が矯正治療を開始するベストタイミングだという理由はまさにここにあります。また2期治療は、乳歯と永久歯が混在している時期に行う1期治療に対して、2期治療は永久歯に生え変わってから行う矯正治療のことを指します。

歯にブラケットやワイヤーを装着して歯を動かしていくわけですが、すでにできあがってしまった歯並びを直すという意味では「対症療法的な治療」と言えるかと思います。

子供が矯正を嫌がる場合の対策

矯正は子供にとってメリットの大きな治療です。しかし、子供本人が矯正を嫌がることは少なくありません。子どもが矯正を嫌がる場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

歯科検診で矯正を勧められる子供が増えている

子供が歯科矯正を始めるタイミングは様々です。子供の歯並びを気にする保護者の勧めで始めるケースや学校の歯科検診で指摘されて矯正を始めるケースなどがあります。近年になって、後者の割合が増加しているといわれています。

矯正を嫌がる子どもは多い

いずれにせよ、子供本人が矯正をしたいというケースは稀です。多くは、大人から勧められて仕方なく矯正を始めます。自ら進んで矯正を始めるわけではないので、基本的に子供は矯正を嫌がるものといえるでしょう。

子供が矯正を嫌がる理由

子供が矯正を嫌がる主な理由といわれているのが「恥ずかしいから」です。今までと異なる外見になることや周囲のお友達とは異なる外見になること、これらをお友達から指摘されることなどを恥ずかしいと感じています。大人はこの点に十分配慮したほうが良いでしょう。

子供が矯正を嫌がるときの対処法

大人からするとメリットしかないと思える矯正ですが、その必要性を理解していない子供からするとデメリットしかありません。子供が矯正を嫌がる場合、メリットを説明して納得してもらうことが重要です。矯正のメリットとして次の点などが挙げられます。

  • 歯並びが良くなることでカッコよくなる、かわいくなる
  • 歯並びとかみ合わせが良くなるのでハキハキと話せるようになる
  • かみ合わせが良くなるので食べ物を噛みやすくなる
  • 顔の形がゆがむのを予防できる

子供の年齢にあわせて以上のメリットなどを分かりやすく説明すると納得してくれることが多いといわれています。納得できれば、嫌がらずに矯正を受けてくれるはずです。

メリットを理解しても「恥ずかしい」という思いが強いと、矯正に踏み出せない子供はいます。このような子どもに対しては、矯正が恥ずかしくないことを説明するとよいかもしれません。近年になって、歯並びを気にして矯正する子供は増えています。

学校やクラスにも矯正を受けているお友達がいるはずです。お友達と一緒だとわかれば、子供は矯正を受けやすくなります。学校やクラスに矯正を受けているお友達がいない場合は、子供をパイオニアとして位置付けてみてはいかがでしょうか。「〇〇ちゃんを真似してお友達も矯正を受けるようになるよ」など説明すれば納得してくれることがあります。

矯正は子どもの気持ちを考えて行う

大人が必死になって説得しても矯正を嫌がる子どもはいます。子供の将来を考えると無理やりでも矯正を受けさせたくなりますが、無理やり受けさせることはオススメできません。子供が納得していないと途中で中断する可能性が高くなるからです。子供が納得しない場合は、矯正は見送ったほうが良いでしょう。

一度、見送ったからといって、二度と矯正を受けられないわけではありません。子供の考え方は成長とともに変化します。矯正のメリットを理解して後から受け入れてくれることなどは少なくありません。拒否感が強いときは見送って、タイミングを見計らい再び勧めてみると良いでしょう。

矯正を始めたらフォローを忘れずに

子供が矯正を始めると安心してしまいますが、メンタル面のフォローを忘れるわけにはいきません。子供は周囲と異なることに敏感です。矯正を始めたことで「恥ずかしい」と感じることやお友達からからかわれることなどがあります。子供が悩んでいるそぶりを見せたときは優しくフォローしましょう。子供もお友達も矯正に慣れれば、再び元気に過ごしてくれるはずです。

全国各エリアから厳選した歯科医院を紹介!

数ある矯正治療法のなかでも子供の歯科矯正に最適な顎顔面矯正。しかし専門性の高い治療法ということもあって、顎顔面矯正が受けられる歯科医院はあまり多くありません。顎顔面矯正において定評のある歯科医院を厳選し、エリアごとに紹介します。

北海道・東北エリア

【歯の健康を守り育てる矯正治療】

矯正はもとよりインプラントやホワイトニングなど幅広い治療に対応。患者一人ひとりにとって最適な治療とは何かを常に考えて日々診療に臨んでいます。

関東エリア

【最新設備・技術による審美治療】

審美治療に力を入れており、美しい歯並びにするための最新設備も充実しています。価格は比較的高めですが、見違えるほどの治療を受けることができます。

東海エリア

【身体の健康を考えたバランス治療】

「自分の大切な家族に来て欲しい歯医者」を目標として掲げ、自然で無理のない歯科矯正を心掛けています。歯とからだに優しい自由診療も行っています。

関西エリア

【豊富な実績を誇る顎顔面矯正治療】

矯正歯科認定医が常駐しており、安全かつ最先端の矯正治療を受けられます。1万人以上の治療実績もあることから、関西エリアでもっとも人気の歯科医院です。

九州エリア

【順調な発育を促すトレーニング治療】

歯の健康を考え最適な治療方法を提案してくれます。院長の黒江先生は、顎顔面矯正の生みの親として広く知られた存在。先生目当ての患者も少なくありません。

ページの先頭へ