子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット

治療にかかる期間

このページでは、歯科矯正に要する治療期間の目安について紹介しています。

歯科矯正の治療期間について

数ある歯科治療のなかでも、矯正治療は非常に長い治療期間を要します。どれくらい長いかと言うと、子供の矯正の場合には3~5年、大人の矯正の場合には2~3年くらいの期間が必要だと言われています。それではなぜ矯正治療には時間がかかるのでしょうか?

よくよく考えてみたら当たり前のことですが、歯茎に固定されている歯に力を加えて動かしていくわけですから矯正治療というのは大仕事。1ヶ月の間に歯が動く距離はたった1ミリですので、治療に時間がかかるのは当然と言えば当然です。また矯正治療においては、歯を動かす治療だけでなく、動かした歯をキープするための治療(メンテナンス)も必要ですので、そのぶん余計に治療期間がかかるとも言えます。

「1期治療」と「2期治療」の治療期間

さて子供の矯正治療には「1期治療」と「2期治療」があることは、このサイトのなかでも何度かご紹介していますが、ここではそれぞれに分けて治療期間の詳細について述べてみたいと思います。1期治療というのは混合歯列期、すなわち乳歯と永久歯が混在している時期から行う矯正治療のことで、永久歯がきれいに生えそろうための土台(骨格)をつくることなどが大きな目的となります。

この1期治療に要する治療期間の目安は1~3年。その後、2~3年の経過観察期間が必要になります。一方の2期治療というのは永久歯列期、すなわち永久歯に生え変わったあとに行う矯正治療のことで、ブラケットやワイヤーなどを用いて歯並びを整えていきます。この2期治療にも1~2年の治療期間を要しますが、1期治療の結果次第では2期治療を必要としないケースもあります。

大人の矯正治療の場合には1期治療はなく始めから2期治療のみになるため、治療期間は1~2年ほど。ただしそれで終わりではなく、その後に保定のための期間が必要なため、トータルするとやはり2~3年くらいになります。上に挙げた数字はあくまでも目安であり、現在の歯並びの状態や歯科医院の診療方針などによって治療期間は大きく変わってきます。

あとあと「こんなはずではなかった」なんてことがないように、期間を含めた治療の進め方については事前にしっかりと確認しておくと良いと思います。

全国各エリアから厳選した歯科医院を紹介!

数ある矯正治療法のなかでも子供の歯科矯正に最適な顎顔面矯正。しかし専門性の高い治療法ということもあって、顎顔面矯正が受けられる歯科医院はあまり多くありません。顎顔面矯正において定評のある歯科医院を厳選し、エリアごとに紹介します。

北海道・東北エリア

【歯の健康を守り育てる矯正治療】

矯正はもとよりインプラントやホワイトニングなど幅広い治療に対応。患者一人ひとりにとって最適な治療とは何かを常に考えて日々診療に臨んでいます。

関東エリア

【最新設備・技術による審美治療】

審美治療に力を入れており、美しい歯並びにするための最新設備も充実しています。価格は比較的高めですが、見違えるほどの治療を受けることができます。

東海エリア

【身体の健康を考えたバランス治療】

「自分の大切な家族に来て欲しい歯医者」を目標として掲げ、自然で無理のない歯科矯正を心掛けています。歯とからだに優しい自由診療も行っています。

関西エリア

【豊富な実績を誇る顎顔面矯正治療】

矯正歯科認定医が常駐しており、安全かつ最先端の矯正治療を受けられます。1万人以上の治療実績もあることから、関西エリアでもっとも人気の歯科医院です。

九州エリア

【順調な発育を促すトレーニング治療】

歯の健康を考え最適な治療方法を提案してくれます。院長の黒江先生は、顎顔面矯正の生みの親として広く知られた存在。先生目当ての患者も少なくありません。

ページの先頭へ