子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット

実際の費用はどのくらい?

このページでは、歯科矯正にかかる費用や医療費控除の仕組みについて紹介しています。

歯科矯正の治療費の目安

矯正治療には、一部の例外を除いて健康保険が適用されません。そのため治療費は全額自己負担(自費)になります。今「一部の例外を除いて」と述べましたが、たとえば顎の手術と矯正を組み合わせた治療が必要なケースや、顎顔面領域に先天性の症状を伴うケースなどでは例外的に健康保険が適用されます。ただしこれらはかなり特殊なケースですので、基本的には矯正治療は自費治療と思っていただいてかまいません。

矯正治療の治療費については、歯科医院によって総額で表示しているところもあれば、装置料と処置料を分けて表示しているところもあり、単純には比較しにくいのが現状です。そこで、わかりやすく治療費の中身(内訳)を示すと、初診料、検査・診断料、装置装着料、治療費、保定装置料、保定観察料などからなり、合計すると50~100万円くらいになります。

ちなみに子供の矯正の場合、初診時のカウンセリング料や管理料を無料にしている歯科医院などもあるので、そうしたところを探してみるのもおすすめです。また矯正治療の治療費に関しては、1期治療と2期治療で分ける考え方もあります。その場合には1期治療で20~30万円、2期治療で30~50万円、あるいは2期に分けずに全体の治療を行った場合には40~100万円というのが治療費の目安になります。

自費治療の金額が異なる理由

目安の金額を見て、治療費に幅があることに気づいたかと思います。自費治療は別名「自由診療」とも言って、診療内容や治療費を医療機関が「自由」に決めることができる。そのため、歯科矯正の治療費には大きな幅があるのです。また歯科矯正は、患者の歯の状態や目的に応じて治療方法はもちろん、使用する装置の種類などもまったく異なってきますので、それもまた治療費用の大きな変動要因のひとつになっています。

冒頭で述べたとおり矯正治療は全額自己負担ですが、単純な美容目的ではない矯正治療の場合には医療費控除を受けることができます。医療費控除額の上限は200万円。そこに所得額に応じた税率をかけたものが還付額になります。決して少なくない金額が戻ってくる可能性もあるので、医療費控除の対象の人はぜひ申請するようにしましょう。

全国各エリアから厳選した歯科医院を紹介!

数ある矯正治療法のなかでも子供の歯科矯正に最適な顎顔面矯正。しかし専門性の高い治療法ということもあって、顎顔面矯正が受けられる歯科医院はあまり多くありません。顎顔面矯正において定評のある歯科医院を厳選し、エリアごとに紹介します。

北海道・東北エリア

【歯の健康を守り育てる矯正治療】

矯正はもとよりインプラントやホワイトニングなど幅広い治療に対応。患者一人ひとりにとって最適な治療とは何かを常に考えて日々診療に臨んでいます。

関東エリア

【最新設備・技術による審美治療】

審美治療に力を入れており、美しい歯並びにするための最新設備も充実しています。価格は比較的高めですが、見違えるほどの治療を受けることができます。

東海エリア

【身体の健康を考えたバランス治療】

「自分の大切な家族に来て欲しい歯医者」を目標として掲げ、自然で無理のない歯科矯正を心掛けています。歯とからだに優しい自由診療も行っています。

関西エリア

【豊富な実績を誇る顎顔面矯正治療】

矯正歯科認定医が常駐しており、安全かつ最先端の矯正治療を受けられます。1万人以上の治療実績もあることから、関西エリアでもっとも人気の歯科医院です。

九州エリア

【順調な発育を促すトレーニング治療】

歯の健康を考え最適な治療方法を提案してくれます。院長の黒江先生は、顎顔面矯正の生みの親として広く知られた存在。先生目当ての患者も少なくありません。

ページの先頭へ