子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット
HOME » 子供の矯正は必要? » 気をつけて!歯並びが悪くなってしまう原因

気をつけて!歯並びが悪くなってしまう原因

このページでは、歯並びの悪さの種類と、それを引き起こす原因について紹介しています。

なぜ歯並びは悪くなるのか?

子供の歯並びが悪くなってしまう原因について述べる前に、まずはどのような状態のことを指して「歯並びが悪い」と呼ぶのかを確認しておきたいと思います。歯並びの良し悪しというのは主観の問題のようにも思えますが、矯正治療を必要とするような「歯並びの悪さ」には、文字どおり歯並び(歯列)の異常と、顎(かみ合わせ)の異常があります。

歯並びの異常としては八重歯、乱杭歯、すきっ歯、そして埋伏歯(生えてこない歯がある状態)などが代表的。一方、かみ合わせの異常にはいくつかのタイプがあって、たとえば前後的なかみ合わせの異常として出っ歯や受け口、垂直的なかみ合わせの異常として開咬、そして左右的なかみ合わせの異常として顎偏位やすれ違い咬合などがあります。

親子では顔の骨格が似てきますので、遺伝的な要因によってこれらの異常が生じ、歯並びが悪くなってしまうケースもあります。しかしそれ以上に大きいのは後天的な要因、すなわち成長過程でのさまざまな癖などが原因となるケースです。それでは実際にどのような癖が歯並びを悪くしてしまうのか、具体的に見ていくことにしましょう。

歯並びを悪くしてしまう悪癖の数々

まずは指しゃぶり。小さな子供のうちはよいのですが、遅くまで止められないようなら要注意。指しゃぶりをすることで常に物をくわえた状態になるため、出っ歯や開咬(上下の前歯がかみ合わない状態)になりやすいと言われています。

同じく出っ歯になる原因としては下唇をかむ癖、一方、開咬の原因としては上下の歯の間から舌を出す癖なども挙げられます。これは実際にそのポーズをとっていただければ、なぜ出っ歯になるか、なぜ開咬になるかがイメージしやすいかと思います。

またこれは癖というよりも習慣に近いのですが、食事で柔らかいものばかりを食べていると歯並びは悪くなります。歯並びというのは、顎の骨や筋肉と密接な関係にあるので、硬いものをよく噛んで骨や筋肉をしっかり成長させることが、良い歯並びをつくるうえでは非常に重要になってきます。

最後に、歯並びが悪くなる原因として口呼吸も挙げておきたいと思います。口呼吸は、出っ歯、開咬、受け口、凸凹などの原因になるとともに、耳鼻科的な症状を引き起こすこともあります。そのため顎の骨格を整える矯正治療によって早期に改善するのが望ましいとされています。

全国各エリアから厳選した歯科医院を紹介!

数ある矯正治療法のなかでも子供の歯科矯正に最適な顎顔面矯正。しかし専門性の高い治療法ということもあって、顎顔面矯正が受けられる歯科医院はあまり多くありません。顎顔面矯正において定評のある歯科医院を厳選し、エリアごとに紹介します。

北海道・東北エリア

【歯の健康を守り育てる矯正治療】

矯正はもとよりインプラントやホワイトニングなど幅広い治療に対応。患者一人ひとりにとって最適な治療とは何かを常に考えて日々診療に臨んでいます。

関東エリア

【最新設備・技術による審美治療】

審美治療に力を入れており、美しい歯並びにするための最新設備も充実しています。価格は比較的高めですが、見違えるほどの治療を受けることができます。

東海エリア

【身体の健康を考えたバランス治療】

「自分の大切な家族に来て欲しい歯医者」を目標として掲げ、自然で無理のない歯科矯正を心掛けています。歯とからだに優しい自由診療も行っています。

関西エリア

【豊富な実績を誇る顎顔面矯正治療】

矯正歯科認定医が常駐しており、安全かつ最先端の矯正治療を受けられます。1万人以上の治療実績もあることから、関西エリアでもっとも人気の歯科医院です。

九州エリア

【順調な発育を促すトレーニング治療】

歯の健康を考え最適な治療方法を提案してくれます。院長の黒江先生は、顎顔面矯正の生みの親として広く知られた存在。先生目当ての患者も少なくありません。

ページの先頭へ