子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット
HOME » 子供の矯正は必要?

子供の矯正は必要?

子供の矯正に関するQ&A

小児矯正の重要性・必要性について広く知っていただくために、矯正治療に関してよく挙げられる質問とそれに対する答えをQ&A形式でご紹介します。

Q1.子供の矯正のメリットは?

子供のうちに矯正治療を受けることのメリットとしては、主に次のようなものがあります。

  • 歯を抜かずに歯並びを整えることができる。
  • 顎の骨格の成長をコントロールすることができる。
  • 呼吸法や滑舌などを改善することができる。
  • コンプレックスを解消することができる。

子供の矯正のメリットを詳しくみる▶

Q2.矯正治療の適正年齢は?

矯正治療は大人になってからでも受けることはできますが、具体的な年齢としては「12歳までに」というのがひとつの目安とされています。顎の骨格の成長をコントロールする意味では、乳歯から永久歯に生え変わる5~7歳くらいがベストタミングになります。

矯正治療の適正年齢を詳しくみる▶

Q3.矯正治療にかかる費用は?

矯正治療にかかる費用は、初診料、検査・診断料、装置装着料、治療費、保定装置料、保定観察料などからなり、合計すると50~100万円くらいになります。大きな幅があるのは、現在の歯の状態や選択する治療方法・矯正装置によって金額に差があるためです。

矯正治療にかかる費用を詳しくみる▶

Q4.矯正治療にかかる期間は?

子供の矯正治療は1期治療と2期治療からなります。1期治療にかかる期間の目安は1~3年。その後、2~3年の経過観察期間が必要になります。一方、2期治療にかかる期間の目安は1~2年。1期治療と2期治療を合わせると、トータルで3~5年の期間がかかります。

矯正治療にかかる期間を詳しくみる▶

Q5.大人の矯正と子供の矯正の違いは?

骨格が成長する力を利用できるか否かが1番の違い。子供の矯正は、骨格がまだ完全に固まっていないため、歯並びもきれいに仕上がります。対して大人の矯正は、骨格や歯が完全に固定されているので、歯並びを整えるために抜歯を必要とするケース多々あります。

大人の矯正と子供の矯正を詳しくみる▶

Q6.悪い歯並びの種類とその原因は?

八重歯、乱杭歯、すきっ歯、出っ歯、受け口、開咬など、歯並びの悪い状態にはさまざまなタイプがあります。子供の歯並びが悪くなってしまう日常的な原因としては、指しゃぶり、下唇をかむ、舌を出すといった癖や生活習慣、呼吸法(口呼吸)などが挙げられます。

悪い歯並びの種類と原因を詳しくみる▶

Q7.矯正治療中に注意すべきことは?

矯正装置が歯磨きの邪魔になったり、矯正装置自体が汚れることで、虫歯になりやすくなります。矯正治療中の正しい歯磨きの仕方を覚えて、しっかりと実践するようにしましょう。また、マウスウォッシュなどを利用し、口腔ケアを十分に行うことで虫歯予防にもなります。

矯正治療中に注意すべきことを詳しくみる▶

Q8.矯正治療中の子供に対して親がすべきことは?

上に挙げた正しい歯磨きの徹底や、矯正装置の装着時間の管理(取り外し式の場合)など、親ができることはたくさんあります。子供の矯正治療がうまくいくかどうかは、親によるサポート次第かもしれません。子どもの将来のためにも、手間を惜しまないことが大切です。

矯正治療中の親がすべきことを詳しくみる▶

全国各エリアから厳選した歯科医院を紹介!

数ある矯正治療法のなかでも子供の歯科矯正に最適な顎顔面矯正。しかし専門性の高い治療法ということもあって、顎顔面矯正が受けられる歯科医院はあまり多くありません。顎顔面矯正において定評のある歯科医院を厳選し、エリアごとに紹介します。

北海道・東北エリア

【歯の健康を守り育てる矯正治療】

矯正はもとよりインプラントやホワイトニングなど幅広い治療に対応。患者一人ひとりにとって最適な治療とは何かを常に考えて日々診療に臨んでいます。

関東エリア

【最新設備・技術による審美治療】

審美治療に力を入れており、美しい歯並びにするための最新設備も充実しています。価格は比較的高めですが、見違えるほどの治療を受けることができます。

東海エリア

【身体の健康を考えたバランス治療】

「自分の大切な家族に来て欲しい歯医者」を目標として掲げ、自然で無理のない歯科矯正を心掛けています。歯とからだに優しい自由診療も行っています。

関西エリア

【豊富な実績を誇る顎顔面矯正治療】

矯正歯科認定医が常駐しており、安全かつ最先端の矯正治療を受けられます。1万人以上の治療実績もあることから、関西エリアでもっとも人気の歯科医院です。

九州エリア

【順調な発育を促すトレーニング治療】

歯の健康を考え最適な治療方法を提案してくれます。院長の黒江先生は、顎顔面矯正の生みの親として広く知られた存在。先生目当ての患者も少なくありません。

ページの先頭へ