子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット

大阪の子供の肥満と歯並び

肥満と歯並びの関係

肥満の原因のひとつに、歯並びの悪さがあげられます。実際に肥満の人の歯を確認すると、歯並びが悪い人の割合が多いとも言われています。いったい何故、歯並びが悪いと肥満に繋がるのでしょうか。

歯並びが悪く咬み合わせに問題があると、食べ物をあまり咬まずに飲み込んでしまいがちになります。本人はしっかり咬んでいるつもりでも、咬み合わせが悪いために咬みきれていないことが多いのです。食べ物をあまり咬まずに飲み込むと、消化吸収作用が落ちてしまい、満腹中枢になかなか刺激が伝達されにくくなってしまいます。

すると、いつまでたっても満腹にならないと脳が判断して、本当はおなかいっぱいになっているにもかかわらず食べ過ぎてしまうというわけです。あまり咬まずに飲み込むと、早食いにも繋がり、そのせいで満腹中枢から指令がやってくるまでの間に食べ過ぎてしまうこともあります。

また、歯並びが悪いと肩を始めとする全身に力が入りがちになり、血流低下による冷えやのぼせ、姿勢の悪さ、などに繋がって、肥満に結びつくこともあります。歯並びは歯の問題だけではなく、全身の問題なのです。

子供の肥満が増えている

戦後の食生活の欧米化、ライフスタイルの変化などの関係から、肥満または肥満傾向の子供もどんどん増えてきました。1970年と2000年の文部省(現:文部科学省)の調査報告を比較したところ、肥満児童はこの40年間で3倍から4倍に増え、その数は現在挙げ止まりになっていることがわかりました。

子供の肥満予防や改善を図るには、健康的な生活、適度な運動、身体に良い食生活、これらの三本が基本となります。具体的には、早寝早起きでしっかり睡眠を取り、適度に身体を動かし、栄養バランスの取れた食事をよく噛んで食べることです。

肥満になると、身体のあらゆる場所に不調を感じるようになります。特に思春期を迎える子供にとって、肥満がコンプレックスに繋がることも考えられます。お子さんの明るい未来のためにも、親が積極的に子供の肥満防止・改善を図るようにしていきたいですね。

大阪の子供の肥満について

大阪府の子供の肥満に関する統計は、大阪府の発表した『大阪の学校保健統計調査報告書』にまとまっています。その中でも注目したいのは、肥満傾向児の出現率です。肥満傾向児の出現率とは、全体の人数の中に、肥満度20%以上の肥満傾向にある児童がどれだけの割合で出現しているかをまとめたものです。

統計結果によると、大阪の肥満児童は10歳、14歳、15歳、17歳と、思春期を迎える年代で出現率が上がる傾向です。特に15歳は痩身傾向児の出現率も増加していることから、肥満児と痩身児の差がもっとも大きく見られる年齢と考えられます。これらの年齢にさしかかるお子さんのいるご家庭では、特に意識して子供の肥満に注意したいところです。

これまで説明しましたとおり、肥満には歯並びも大いに関係します。もしお子さんが肥満傾向にあると感じたら、まずは歯並びをチェックしてみてはいかがでしょうか。

子供の肥満解決方法

子供の肥満については、本人が太ったことに気付きにくいケースが多いため、周りの子と比べて体が大きくても「成長するから問題ない」と見過ごされやすいのが現状です。

しかし、子供のうちから肥満症を抱えていると、大人になった時に糖尿病や高血圧などの症状を発症したり、大人になってからも肥満が治らないといった問題を抱えるおそれがあります。

子供のうちに肥満を解消するためには、肥満の原因を親御さんとお子さんがしっかりと見つめていかなければなりません。

改善方法の一つめとしては、早寝早起きの習慣など、生活習慣の改善が挙げられます。夜遅くまで起きているとお腹がすいてきてしまうので、早めに就寝して、きちんと朝を迎え、食事を摂るように心掛けていきましょう。

二つめの方法としては、食事において「しっかりと噛む」ことを習慣づけるようにします。ものを噛む回数が少ないほど、消化がうまくいかないため、肥満になりやすいと言われています。

お子さんによっては歯並びの関係で上手にものが噛めない場合がありますので、歯が重なっている箇所があれば必要に応じて矯正治療や部分矯正治療などを施すと良いでしょう。

三つめの方法としては、おやつやジュースなどの嗜好品を減らすことです。ジュースには大量の砂糖が使われており、スナック菓子には塩分と油分がたっぷりと含まれています。

ただし、一度におやつを禁止することはお子さんにとってストレスとなり、かえって過食を招くおそれがあるため、少しずつ量を減らしていくようにしましょう。

四つめの方法としては、食べる子ほどしっかりと運動をさせてあげるようにしましょう。

無理に運動を強いる必要はありませんが、お子さんが好きな運動を中心に、無理なく体を動かすところから始めて、だんだんと摂取カロリーを消費できるレベルまで運動量を上げていくようにします。

運動が難しい場合は戸外でのアクティビティや散歩など、どんなことでも良いので、体を動かせる環境をつくってみてください。

五つめの方法としては、お子さんだけに原因を求めるのではなく、家族全体で食事や生活習慣を見直してみるということです。

子供がいくら頑張って食事に気を付けようとしても、家族が常に間食をしていたり、過食気味であったりするようであれば、そちらにも小児肥満を招く原因があるかもしれません。

小児肥満を予防する際の注意点としては、子供に「断食」「少食」「置き換えダイエット」などを強いることは避けましょう。子供は大人と違って、食べたものを消化しながら栄養を吸収し、大人の体へと成長しています。成長を妨げるようなダイエット方法は、子供の体には向いていません。

また、なかなか痩せないからといって「ちゃんとダイエットしなさい」「太っていたらいじめられるよ」など、子供にとって重荷に感じる言動や指示などは避けた方が良いでしょう。

小児肥満の治療においては、お子さんの成長状態に合わせて適宜ダイエットを重ねていくため、一時的に痩せさせるのではなく継続的に行うのが基本です。

何よりもダイエットを行う本人の意志が重要であるため、お子さんのモチベーションを下げるような言動は自信の喪失や過食を招く可能性もあるため、避けた方が無難です。

ストレッチや運動などが続かない、食事療法も効果がないといった場合には、小児肥満を専門とする専門医を受診する方法も一つの方法です。生活習慣に関してのアドバイスのほか、お子さんの体調や既往症の有無などをチェックし、客観的に問題点を洗い出すことができます。

すでに糖尿病もしくは高脂血症などの症状がみられる場合には、内服薬による治療を並行しながら、食事療法を中心に生活を改善していきます。肥満そのものは病気ではありませんが、将来的に病気のリスクをともなっていますので、早めの治療が必要不可欠です。

全国各エリアから厳選した歯科医院を紹介!

数ある矯正治療法のなかでも子供の歯科矯正に最適な顎顔面矯正。しかし専門性の高い治療法ということもあって、顎顔面矯正が受けられる歯科医院はあまり多くありません。顎顔面矯正において定評のある歯科医院を厳選し、エリアごとに紹介します。

北海道・東北エリア

【歯の健康を守り育てる矯正治療】

矯正はもとよりインプラントやホワイトニングなど幅広い治療に対応。患者一人ひとりにとって最適な治療とは何かを常に考えて日々診療に臨んでいます。

関東エリア

【最新設備・技術による審美治療】

審美治療に力を入れており、美しい歯並びにするための最新設備も充実しています。価格は比較的高めですが、見違えるほどの治療を受けることができます。

東海エリア

【身体の健康を考えたバランス治療】

「自分の大切な家族に来て欲しい歯医者」を目標として掲げ、自然で無理のない歯科矯正を心掛けています。歯とからだに優しい自由診療も行っています。

関西エリア

【豊富な実績を誇る顎顔面矯正治療】

矯正歯科認定医が常駐しており、安全かつ最先端の矯正治療を受けられます。1万人以上の治療実績もあることから、関西エリアでもっとも人気の歯科医院です。

九州エリア

【順調な発育を促すトレーニング治療】

歯の健康を考え最適な治療方法を提案してくれます。院長の黒江先生は、顎顔面矯正の生みの親として広く知られた存在。先生目当ての患者も少なくありません。

ページの先頭へ