子供の歯科矯正を検討中の親必見!顎顔面矯正のメリット・デメリット

大阪の子供の不眠症と歯並び

大阪の子供の歯並びと不眠症について

歯並びの良し悪しは、心身の健康に大きく関係します。そのひとつが、不眠症です。最近は子供の不眠症も増えてきており、大阪府内でも、年々子供たちの睡眠時間が減少していることが指摘されています。

歯並びと不眠症の繋がりは、主に咬み合わせの悪さが関係します。咬み合わせが良くないと歯にかかる力が偏ってしまい、その刺激が強すぎたり弱すぎたりすることが原因で、脳の交感神経が上手く副交感神経に切り替わらず、いつまでたっても眠気が訪れないという状況に陥ると言われています。

また、咬み合わせが悪いと身体に不要な力がかかり、肩こりや首のこりを引き起こし、その結果肩こり型の不眠に繋がってしまう場合も見られます。その他にも、睡眠時無呼吸症候群の原因のひとつとして顎が小さいことが指摘されています。

いずれにせよ、歯並びが悪いと睡眠障害に繋がる可能性は非常に大きくなるというわけです。不眠症に陥らないためにも、不眠の傾向がある場合は、まず医者に相談をしてみることが大切です。もし医者に相談しても特に原因も見当たらなかった場合は、歯並びが原因の可能性もあるので、歯並びに問題がないか確認をしてみましょう。

大阪の不眠症事情

大阪に住む人は、一般的に睡眠時間が少ない傾向にあると言われています。これは都市型のライフスタイルが原因のひとつのようです。また、日本人全体を見ても、睡眠時間は年々短くなっています。OECD(経済協力開発機構)が数年前に発表した国際比較調査結果に目を通したところ、OECD加盟国の中でも日本人の平均睡眠時間は圧倒的に少ないことがわかりました。精神科や心療内科でも、年々不眠症を始めとする様々な睡眠障害を訴える人が増えていると言われています。

不眠症の原因は様々ですが、病院で診察を受けてもなかなか原因がわからない、症状が改善されないといった場合、歯並びが不眠症の原因となっている可能性を疑ってみるのもひとつの手です。不眠を感じている人は、ぜひ一度、ご自分の歯並びをチェックしてみてください。

大阪の子供の平均睡眠時間

大阪の子供たちの中には、慢性的な睡眠不足に悩まされている子供も大勢いると言われています。大阪の研究団体がまとめたレポートによると、平成28年度に淀川区内の小中学校23校で疲労に関するアンケートを実施したところ、小学生4~6年生の30%、中学生の1,2年生の46%が、1か月以上の長期に渡る疲労を訴えているとの結果が出ました。

疲労が長期間続く原因には、日常の慢性的な睡眠不足が大きく関係していると考えられます。その理由は、同じアンケートで小学生の平均睡眠時間が8時間24分という結果であったことに対し、中学生は7時間46分と、約40分短くなっていることからです。つまり、平均睡眠時間が短くなった分、疲労を感じる子供の割合も増えたということです。

このようにまだ幼いうちから睡眠不足に悩まされる背景には、歯並びの悪さも原因のひとつとして存在します。もし「子供の睡眠時間が短い」「睡眠不足が続いているようだ」と思われる場合、それはもしかしたら歯並びに原因があるかもしれませんよ。

ページの先頭へ